LinuxでSoftEther VPN Clientをセットアップする方法

このチュートリアルでは、LinuxでSoftEther VPN Clientを設定する方法を説明しますが、まず、要件と推奨事項を見てみましょう.


必要条件

SoftEtherを設定するには、次のものが必要です。

  1. CactusVPNアカウント。お持ちでない場合は、無料で当社のサービスを試すことができます.
  2. VPNユーザー名、パスワード、VPNサーバーアドレス。あなたは私たちのウェブサイト上のあなたのアカウントでそれらを見つけることができます。.

推奨事項

  • このチュートリアルには、Linuxの高度な知識が必要です。すべての手順を正確に実行しないと、インターネット接続が切断される可能性があります。セットアップが簡単な他のVPNプロトコルを使用して、LinuxでいつでもVPNをセットアップできます。.
  • Linuxアプリケーションの構成の経験があり、IPルーティングテーブルの読み取りと変更に精通している場合にのみ、Linux上のSoftEther VPNプロトコルに接続します.

LinuxでSoftEther VPNをセットアップしたい場合は、次の手順に従ってください。

パートI. SoftEther VPNクライアントをインストールする

LinuxにSoftEther VPNクライアントをインストールする方法を紹介します。これは2つの方法で実行できます。Ubuntuまたはその他のDebian派生パッケージ[x86_64またはAMD 64マシン]のパッケージマネージャーから、およびLinuxディストリビューションのソースから。以下のメニューから使用方法を選択し、その手順に従ってください.

  • パッケージマネージャーから
  • ソースから
  1. システムが最新であることを確認します:apt update && apt -y完全アップグレード

    この手順は必須ではありませんが、推奨されています.

  2. CactusVPNリポジトリをパッケージマネージャーのソースリストに追加します。sudoecho "deb [trusted = yes] https://repository.cactusvpn.com/softether/ amd64 /" > /etc/apt/sources.list.d/cactusvpn.list
  3. パッケージマネージャーのキャッシュを更新します。sudoapt update

    重要! 次のエラーが発生する場合があります。

    「E:メソッドドライバー/ usr / lib / apt / methods / httpsが見つかりませんでした.
    N:パッケージapt-transport-httpsがインストールされていますか??
    E:https://repository.cactusvpn.com/softether/amd64/InReleaseを取得できませんでした
    E:一部のインデックスファイルをダウンロードできませんでした。それらは無視されているか、代わりに古いものが使用されています。」

    このエラーが発生した場合は、デバイスにapt-transport-httpsをインストールする必要があります。

    sudo apt install -y apt-transport-https

    そして最初のコマンドを再度実行します.

    エラーが表示されない場合は、この手順を無視してください.

  4. SoftEther VPNマネージャーをインストールします。sudoapt install -y softethervpn-stable
  1. システムが最新であることを確認します。Debian / Ubuntuの場合:

    適切な更新 && apt -y完全アップグレード

    CentOS / Fedoraの場合:

    yum -y update

    この手順は必須ではありませんが、推奨されています.

  2. SoftEther VPNクライアントの最新バージョンをダウンロードします(このチュートリアルの執筆時点ではv4.27-9668-betaでした)。こちらから入手できます:wget http://www.softether-download.com/files/softether/v4.27 -9668-beta-2018.05.29- tree / Linux / SoftEther_VPN_Client / 64bit _-_ Intel_x64_or_AMD64 / softether-vpnclient-v4.27-9668- beta-2018.05.29-linux-x64-64bit.tar.gz
  3. SofEther VPNクライアントの解凍:tar xzfv softether-vpnclient-v4.27-9668-beta-2018.05.29-linux-x64-64bit.tar.gz
  4. SoftEtherのコンパイルに必要なすべてのツールがシステムにあることを確認してください.Debian / Ubuntuの場合:

    apt -y install build-essential

    CentOS / Fedoraの場合:

    yum groupinstall "開発ツール"

  5. ディレクトリをvpnclientフォルダに変更します。cdvpnclient
  6. SoftEtherを実行可能ファイルにコンパイルします。
  7. SoftEtherは、ライセンス契約を読み、同意するように求めます。 1を選択して契約を読み、もう一度読んだことを確認して、最後に使用許諾契約に同意します。SoftEtherがコンパイルされ、実行可能ファイル(vpnclientおよびvpncmd)になります。プロセスが失敗した場合は、すべての要件パッケージがインストールされているかどうかを確認してください.
  8. これで、vpnclientディレクトリを別の場所に移動できます。 「/ usr /」に移動しました:cd .. && mv vpnclient / usr / && cd / usr / vpnclient /

パートII。 SoftEther VPNクライアントを構成する

  1. SoftEther VPNクライアントを起動します。sudo/ usr / vpnclient / vpnclient start

    このメッセージが表示された場合: 「SoftEther VPNクライアントサービスが開始されました。」 その後、SoftEther VPNクライアントは正常に起動しました.

  2. SoftEther VPNクライアントを確認してください:vpncmd
  3. 入力するには「3」を選択してください 「VPNツールの使用(証明書の作成とネットワークトラフィックスピードテストツール)」.
  4. SoftEther VPN Clientのインストールをテストします。

    すべてのチェックに合格した場合、次のステップに進むことができます.

    重要!すべてのエラーを修正しない限り、次のステップに進まないでください.

  5. 「Ctrl」+「C」または「Ctrl」+「D」を押して終了します.
  6. SoftEther VPNクライアントをセットアップします。構成を開始:vpncmd
  7. 選択する 「2。 VPNクライアントの管理」.
  8. 「宛先のIPアドレスのホスト名」にはアドレスを入力せず、「Enter」を押してローカルホストに接続します.
  9. VPNサーバーに接続するための仮想インターフェイスを作成します。 SoftEther VPN構成で次のように入力します。NicCreatevpn_se
  10. VPN接続にこのインターフェイスを使用するアカウントを作成します。ターミナルでこのコマンドを実行します:AccountCreate cactusvpn
  11. 詳細を指定してVPNアカウントを設定します。「宛先仮想HUB名」:cactusvpn

    「宛先VPNサーバーのホスト名とポート番号」:{VPN IPアドレス}:{SoftEther VPNポート}

    設定に行くことによって私達のウェブサイトのあなたのアカウントの利用可能なすべてのサーバーとポートを見つけることができます.

    「接続ユーザー名」:{ご使用のVPNユーザー名}

    ユーザー名は、ウェブサイトの[設定]からアカウントで確認できます。 VPNのユーザー名を使用し、ウェブサイトアカウントのユーザー名は使用しないでください(違いは何ですか?).

    「使用されている仮想ネットワークアダプター名」:vpn_se

    あなたが得るなら 「コマンドは正常に完了しました。」 メッセージ、アカウントの作成が正常に完了したことを意味します.

    LinuxでSoftEther VPN Clientを設定する方法:ステップ3

  12. パスワードを設定する:AccountPassword cactusvpn

    「パスワード」と「入力の確認」にVPNパスワードを入力します.

    パスワードは、サービスの詳細にアクセスして、当社のWebサイトのアカウントで確認できます。ウェブサイトアカウントのパスワードではなく、必ずVPNパスワードを使用してください(違いは何ですか?).

  13. 「標準または半径を指定:」にradiusと入力します
  14. 作成したアカウントを使用してSoftEther VPNクライアントに接続します。AccountConnectcactusvpn
  15. VPNサーバーへの接続をテストします。AccountList

    「接続済み」と表示されたら、次のステップに進むことができます.

    LinuxでSoftEther VPN Clientをセットアップする方法:ステップ4

  16. 「Ctrl」+「C」または「Ctrl」+「D」を押してSoftEther VPN Client Managerを終了します.

パートIII。 IPおよびルーティングテーブル

  1. システムでIP転送が有効になっているかどうかを確認します。cat/ proc / sys / net / ipv4 / ip_forward

    「1」が表示された場合は、この手順をスキップして、「VPNサーバーからIPアドレスを取得する」手順に進んでください。.

    「0」がある場合は、IP転送を有効にしてください。

    エコー1 > / proc / sys / net / ipv4 / ip_forward

    「/etc/sysctl.conf」ファイルを編集して永続化することもできます。

    echo net.ipv4.ip_forward = 1 >> /etc/sysctl.conf && sysctl -p

    「net.ipv4.ip_forward = 1」が表示された場合、IP転送は正常に有効になっています.

  2. VPNサーバーからIPアドレスを取得します。sudoifconfig

    SoftEther VPNクライアントツールで作成された仮想ネットワーク「vpn_vpn_se」が表示されます.

    LinuxでSoftEther VPN Clientをセットアップする方法:ステップ5

    VPNサーバーからIPアドレスを取得するには:

    sudo dhclient vpn_vpn_se

    しばらくすると、10.6.0.0 / 24ネットワークからIPアドレスが取得されます.

    LinuxでSoftEther VPN Clientをセットアップする方法:ステップ6

  3. ルーティングテーブルを編集します。sudonetstat -rn

    現在のルーティングテーブルを表示します。あなたのものはこれに似ているはずです:

    LinuxでSoftEther VPN Clientをセットアップする方法:ステップ1

  4. 古いデフォルトルートを経由して、VPNサーバーのIPアドレスへのルートを追加します。私の特定のケースでは:sudo ip route add 192.168.0.1 via 93.115.92.240/32

    93.115.92.240は、VPNサーバーのIPアドレスです。 192.168.0.1は以前のゲートウェイです.

  5. 古いデフォルトルートを削除します:sudo ip route del default via 192.168.0.1

    これらの更新後、ルーティングテーブルは次のようになります。

    LinuxでSoftEther VPN Clientを設定する方法:ステップ2

  6. 任意のIPアドレスにpingして、ネットワーク接続を確認します。ping8.8.8.8 -c4
  7. コマンドラインからパブリックIPアドレスを確認します。wget-qO- http://ipecho.net/plain;エコー

    VPNサーバーのIPが表示される場合、すべてが正しくセットアップされており、LinuxがSoftEther VPNクライアントを介してVPNに接続されています.

    「8.8.8.8」へのpingは正常であるが、パブリックホスト名で他に何も取得できない場合は、Google DNS(または任意のパブリックDNSサーバー)を「/etc/resolv.conf」ファイルに追加します。

    sudo echoネームサーバー8.8.8.8 >> /etc/resolv.conf

パートIV。 VPNから切断する

VPN接続をオフにするには、SoftEther VPNクライアントマネージャーを閉じ、ルーティングテーブルを編集して、ルーターのゲートウェイ経由でインターネットにアクセスできるようにする必要があります.

  1. VPNから切断するには、SoftEther VPNクライアントマネージャーをオフにします:sudo / usr / vpnclient / vpnclient stop
  2. ゲートウェイからVPNサーバーへのルートを削除して、ルーティングテーブルを編集します(このケースでは、93.115.92.240 / 32)。sudoip route del 93.115.92.240/32
  3. ローカルゲートウェイ経由でデフォルトルートを追加します(この例で使用したIPの場合は192.168.0.1)。sudoip route add default via 192.168.0.1
Kim Martin
Kim Martin Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me